ホーム マイアカウント カートの中身
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中身
カートの中身を見る
店主のコーナー
おなわ ゆきこ
かけがえのない我が子との育児の時間を少しでも楽しく過ごせたらという思いで、いろいろと考えてお勧めのものを紹介しております。気に入っていただければ幸いです。 1つ1つ大切に思いを込めて皆様のお手元へお届けしております☆
RSS ATOM

おんぶ紐『スリングテイル』の使い方


おんぶする

1.お子様の背中におんぶ紐をあて、お子様の脇の下からおんぶ紐を通す。
※小さなお子様の場合はお子様は広げたおんぶ紐の上に寝かせたり、ソファーなどに座らせた状態からおんぶすると楽におんぶできます。

2.お子様の脇の下をくぐらせた紐をお子様の胸の前でしっかりと持ち、紐を肩に乗せます。
※肩紐がしっかりとお子様の両脇の下をくぐった状態を保つこと。

3.前傾姿勢をとり、お子様を背中全体で支えます。
※慣れるまでは布団の上などで行ってください。背負う際にお子様のお尻に片手を添えるとより安定して背負えます。

4.片方の紐を反対側の肩へ持っていく。
※お子様の左脇を通った紐は左肩へ、右脇を通った紐は右肩へ持っていく。

5.前傾姿勢を保ったまま紐を胸の前でクロスし(紐をねじる必要はありません)両方のリングに通し、前で結びます。
※リングの付いた腰紐はお子様の太ももの下を通してください。

6.紐が首の付け根にあたらないように、肩の方へずらす。また紐がよれている場合は整えます。

☆ポイント

a.肩への負担をより軽減したい場合・お子様とのフィット感が少ないと感じた場合
お子様を使用者の背中の中心よりも高い位置でお子様をおんぶして、紐をしっかりと締めてください。
紐のシワを伸ばし、首の付け根に紐が近いと首に負担が掛かりますので、紐は肩にかける感じでできるだけ首よりも離してください。お子様とのフィット感もありとても楽におんぶできます。

b.肩紐のずれが気になる場合
肩紐はズレにくいように設計しておりますが、ポイントaのように使用してみてください。

c.おんぶすると、後ろに引っ張られて、肩などに負担が掛かって辛い場合
お子様が背宛に対して小さ過ぎるのか、お客様の体型に対し腰紐(リングパットの付いている紐)が長過ぎるのかもしれません。以下の3項目を順に試してみてください。
・お子様が小さ過ぎる場合:おんぶの際にお尻の下にタオルなどを入れてみてください。
・腰紐がすこし長過ぎる場合:おんぶの際にお尻を包み込むようにして腰紐をひねってからご使用ください。(※リングパットが逆に付くようになります)
・腰紐がかなり長い場合:一度、腰紐を切らずに5cm程折込んで、縫い付けてください。
※アフターサービスとして、リングパットを逆に付ける・紐の長さを短くする等のサービスを行っております。

もしくは、おんぶ直後は問題ないが、時間とともに徐々にばってん部分が上に上がってくる場合には、リングに紐を通し、前でリボン結びする際に胸のばってん部分に通して(引っ掛けて)からリボンに結んでください。長時間おんぶしてもばってんが上に上がってきません。


d.紐の左右が判りづらい場合
おんぶするの2.の時に説明の画像は違うのですが、右肩に紐を担ぐ時は、後で左肩へ持っていく方の紐を上にしてから肩へ担ぐと分かり易いです。(順次、紐の片方にリボンを付けております)

e.お子様が泣いてしまう場合
お子様は敏感ですので、お母様がおんぶに不慣れな場合に不安に感じ泣いてしまうこともあります。またそれ以外にも、たまたまその時は嫌だったりする場合もあります。おんぶしてしまえば喜んだりすることもありますが、あまり無理強いして『おんぶ紐=束縛されるもの』という方程式ができてしまわぬようにしましょう。おんぶ紐を使って鬼ごっこをしてあげたりして、楽しいイメージを与えるのもいいですよ。
お子様はおんぶが大好きです。一度泣いてしまったとしてもそれが全てではありませんので、うちの子はおんぶは嫌いなんだ。。。とがっかりすることはありませんよ。

f.おんぶしたお子様を安全な場所で下に降ろせない場合
おんぶの使い方の3の状態にし、お子様を使用者の体に沿わせながら徐々に下へ降ろしつつ前に移動(使用者のウエストを通って太股の前へお子様を移動)して前で抱いてあげてください。
お猿さんがスルスルと木を滑り降りるような感じですね。


☆禁止事項

イ.首がすわって1ヶ月程経過し、首のぐらつきの無くなったお子様にお使いください。

ロ.お座りができる頃までは、連続使用を2時間程度にとどめてください。

ハ.この画像のように、紐を緩く結ばれた場合、横からお子様が落下する可能性があり大変危険です。
※横からお子様が抜けないように、余分な空間がないようにしっかりと紐を結んでください。

ニ.おんぶ紐使用中に、使用者が急な前屈姿勢をとるとお子様が頭から落下する可能性があり、大変危険です。
※物を拾う際などには、使用者が座って撮るなどし、注意して行ってください。

ホ.自転車やバイクに乗ってのご使用は止めてください。

ヘ.その他、製品に破れ・解れ等ダメージがある時は使用を止めてください。また危険だと思われる行為は絶対に止めてください。

抱っこする


1.前で、先におんぶ紐を抱っこの状態にし、後で紐をしっかりと結んでください。このとき、上からバスケットボールがすっぽり入るくらいのスペースを空けておく。(※お子様の大きさによって加減してください)


2.お子様を上から入れてください。調度おんぶとは反対向きになる感じです。



お子様の体重が5kg程で小さい場合(写真のモデルは大きすぎます)はこのように膝の上で装着することも可能です。

☆ポイント

g.紐が緩んできて、子供が下がってくる場合
先に、おんぶ紐を抱っこの状態にして結んでください。その時しっかりと結んでくださいね。

☆禁止事項

ト.首がすわって1ヶ月程経過し、首のぐらつきの無くなったお子様にお使いください。

チ.結び目が後にきますので、必ず片手を添えてご使用ください。

リ.物を拾う場合など、急な前屈姿勢を使用者がとるとお子様が落ちてしまう危険がありますので気をつけてください。

ヌ.自転車やバイクなどに乗ってのご使用は止めてください。

ル.その他、製品に破れ・解れ等ダメージがある時は使用を止めてください。また危険だと思われる行為は絶対に止めてください。
特定商取引法に基づく表記 (返品など)支払い方法について配送方法・送料についてプライバシーポリシーお問い合わせ